• ホーム
  • 医院紹介
  • アクセス・診療時間
  • 医師紹介
  • 一般内科
    • 一般外来
    • 高血圧症
    • 生活習慣病
    • 高脂血症
  • 消化器内科
    • 上部内視鏡検査(胃)
    • 下部内視鏡検査(大腸)
    • 超音波(エコー)検査
    • ピロリ菌検査
    • ピロリ菌検査
  • 検査
    • 上部内視鏡検査(胃)
    • 下部内視鏡検査(大腸)
    • 超音波(エコー)検査
    • ピロリ菌検査
診療時間

内視鏡

消化器内科
Gastroenterological Medicine

消化器は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢など多くの臓器があり、それぞれの病気に対して診療を行います。

逆流性食道炎

食道

逆流性食道炎は胃酸の逆流によって引き起こされる病気です。

食道は口から入れた食物を、胃に送るための通路で一方通行です。食道と胃の間は通常閉じられていますが、食物を飲み込んだ際に開いて、食物を胃に送り込む仕組みです。

胃液は食物の中に含まれるタンパク質を分解し、おかゆ程度の固さにすることで、小腸で吸収しやすい状態にします。

胃には酸から粘膜を守る防御機能が働いていますが、食道にはこの防御機能がないため、何らかの原因で胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強い酸である胃酸にさらされて炎症を起こしてしまいます。

胃から食道への逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、胸やけや呑酸などの不快な症状が起こります。これが逆流性食道炎です。

慢性胃炎

胃炎は、胃粘膜の状態によって、表層性胃炎(胃粘膜表面で軽い炎症のある状態)、びらん性胃炎(炎症により胃粘膜表面がえぐれた状態)、萎縮性胃炎、などに分けられます。

萎縮性胃炎は慢性的に胃粘膜に炎症をきたし、胃粘膜が萎縮する(薄くなる)ことで、胃酸分泌のバランスが悪くなり、胃もたれや胃痛を引き起こします。
ピロリ菌が関連していると言われています。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは、原因不明の慢性的な大腸粘膜の炎症をきたす病気です。

大腸の粘膜に、ただれや潰瘍が生じて、下痢や粘血便(血液・粘液・膿の混じった軟便)、発熱や体重減少などの症状があらわれます。

肝炎

肝炎は、肝臓に炎症が起こった状態で、原因はウイルス性(B型肝炎、C型肝炎)、アルコール性、薬剤性、自己免疫性、脂肪性などがあります。

日本人の肝炎の約80%が、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスなどのウイルスが原因といわれています。
近年C型肝炎は、インターフェロンを使用しない飲み薬だけの治療が主流になってきています。

胆石症

胆石は、肝臓から出される胆汁の成分が胆のう等の中で固まった固形物のことです。これによって生じる病的状態が胆石症です。固まった胆汁が結石のように見えるために「胆石」と呼ばれています。

その他、気になる症状等ございましたら、お気軽にご相談ください。